キャベツダイエットの効果とは?
キャベツダイエットの効果

キャベツダイエットで驚くほどやせる理由とは?
流行のキャベツダイエットの効果と理由を検証!

  
キャベツのダイエット法がブームのようです。キャベツダイエット法とは、食事の前にキャベツを食べてお腹をある程度満たすという、だれにでもできるダイエット法です。いままで、いろんなダイエットに挑戦して、失敗した方でもやり方を工夫すれば、ダイエットに成功する可能性が極めて高いダイエット法です。話題のキャベツダイエットの利点は、簡単で、お金がかからず、なじみのある野菜ですので、誰でも抵抗なくダイエットできることです。しかも、キャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUには、抗ガン効果や胃腸の回復効果もありますので、健康なカラダのためにも大変すぐれたダイエット法なのです。例をあげてキャベツダイエットを説明しましょう。京都市立病院の吉田俊秀医師が推薦する方法が有名です。その方法とは、生のキャベツを1/6玉程度ザク切り(5センチ角)にしたものを、毎食前に10分程度、時間をかけて良くかんで食べます。主食は軽めにして(通常の2/3程度)、毎食茶わん1杯が基本です。おやつは、にぎりこぶしの大きさの果物2個までとします。キャベツダイエット法はキャベツだけ食べるダイエット法でありません。たんぱく質を必ず1日70グラム摂りましょう。(例:牛乳200ml+卵1個+豆腐半丁+魚80g+肉80g)。食べる量はキャベツも入れて腹八分目にします。キャベツはザク切りにして生で食べる方が効果的とのことです。また、キャベツは味付けをしませんが、しょうゆ、ソース、レモン汁、酢、ノンオイルドレッシングなどは使ってもOKです。マヨネーズや油の入ったドレッシングはカロリーの取り過ぎになるのでやめましょう。

キャベツダイエットの成り立ち


男性で1500kcal減、女性で1200kcal減でやせる言われているのはご存知でしょうか?しかし、実際これだけでやせられる人はほとんどいません。その理由は、ただカロリー制限をして食べる量を減らしても、それがかえってストレスとなり、過食の原因を誘発することがあるからです。食事のバランスが崩れると体調を崩してしまいダイエットどころではなくなりますし、逆に食事のバランスがとれていても、それが美味しくなければまたストレスとなりダイエットは長続きしません。やはりダイエット成功の鍵は継続なのです。そうしたジレンマを解消するために、食事のバランスをとりつつ満足な食事も出来るといういいとこどりの方法がキャベツダイエットであり、こうした悩みから生まれたダイエットがキャベツダイエットと言われています。

キャベツダイエットの簡単な方法


キャベツダイエットの方法は、簡単に解説すると食事の前にキャベツをよく噛んでから食べるというものです。よく噛んで食べてください。この「よく噛んで」というのがポイントでして、時間をかけてよく噛むと脳の満腹中枢が刺激されます。生物学的に1時間程度刺激されると言われています。肥満気味の人は早食いの人が多く、これは脳が満腹を感じる前に食事が次々に胃に運ばれるため、結果として過食になってしまうからです。ですから、時間をかけてゆっくり噛めば仮に食事量が少なくても、満腹になったと感じることができて、しかもこのおかげれ食べすぎも防ぐことができるのです。「時間をかけてゆっくり噛む」というのは現代人に欠如している重要なプロセスと言える訳です。現代人は時間がなく、特に日本人hエコノミックアニマルと言われるようにせわしなく働きます。これを否定する気は毛頭ありませんし、働くのは素晴らしいことだと思います。しかし、体調を崩したり過度に肥満になってしまうのは好ましくありません。アメリカでは肥満と喫煙は自己管理(セルフコントロール)の出来ないダメな人と思われてしまいますしね。ですから、食事ぐらいはゆっくり時間をとるように心掛けてください。「じっくり噛んで食べる」これだけです。キャベツダイエットの第一歩としては、まずこれを身につけるだけです。他のダイエットに比べれば随分簡単なことではないでしょうか?

キャベツダイエット考案者 吉田俊秀医師

キャベツダイエットの考案者として有名なのは、京都市立病院の吉田俊秀医師です。彼は、独自のダイエットノウハウをもとに脳の満腹中枢を騙す研究を重ね、食事に満足しながらもダイエットを成功させるという奇抜なアイディアを考案されました。キャベツの成分として、キャベツにはビタミンA、B1、B2、C、E、K、ナイアシンなど、ほとんどのビタミン類のほか、ミネラル分も多く、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなども多く含まれています。つまりキャベツはキャベツだけで栄養の宝庫とも言える訳です。数多くある野菜の中でこれほど栄養を含んだ野菜も少ないのですが、なぜか主食のつけあわせ程度にしか認識されていないのが残念です。キャベツロールなどの料理はまさに味と栄養を兼ね備えた栄養食といえるでしょうね。また、キャベツはビタミンCがずばぬけて豊富で、大きめの葉を2〜3枚ほど食べるだけで、1日の必要ビタミンCをカバーできます。特に中心部にビタミンCが多く含まれますので芯の部分をなべでじっくり煮込んで柔らかくして食べると良いでしょう。このとき栄養分がなべに逃げてしまうので、煮込んだスープもじっくり味わってください。煮込んだ場合はスープにこそ貴重な栄養分が濃厚に詰まっていることが多いのです。このスープを捨ててしまうのは非常にもったいないというわけです。

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.